メタボ健診・メタボリックシンドローム メタボ健診

スポンサードリンク

メタボ健診・メタボリックシンドロームの定義

メタボ健診・メタボリックシンドロームの定義


メタボ健診によって、メタボリックシンドロームに対する
注目が一気に広まっています。
それに伴い、これまでとかく言葉だけが
独り歩きしていた感のある
メタボリックシンドロームについての
正確な認識を求める声が大きくなってきました。

メタボリックシンドロームのメタボリックとは、
元々は代謝を意味するメタボリズムの事を指し、
代謝異常や代謝障害という意味を持つようになります。

そこにシンドローム(症候群)が加わる事で、
代謝異常症候群となります。
よって、メタボリックシンドロームというのは、
代謝異常を引き起こす病気が
重なっている状態の事を指すのです。

定義としては、肥満に加え
高血糖、高血圧、高脂血症の状態が
2つ以上重なった状態の事を指すという事になります。

例えば、
肥満状態の際に高血圧と糖尿病も患っているとなれば、
文句なしのメタボリックシンドロームとなるわけです。

肥満や高血圧とは、
具体的にどういった状態の時の事を指すのでしょうか。

実はこれも定義付けられています。
その定義は国によって異なるのですが、
日本の場合は以下の基準が設けられています。

・肥満:腹囲が男性85cm以上、
 女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上

・高血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg、
 拡張期血圧(下)が85mmHg以上

・高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上

・高脂血症:中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは
 善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満

これはメタボ健診にもそのまま採用されており、
この条件を肥満+他のどれか一つが満たしている場合は、
メタボという判断が下され、
メタボ健診における指導を受ける事になります。



メタボ健診・メタボリックシンドローム

メタボ健診・メタボリックシンドローム


メタボ健診の名称の由来ともなっている
メタボリックシンドロームですが、
その普及率とは裏腹に、意味を誤解して
覚えている人が多くなっています。
特に、
メタボリックシンドローム=単に肥満(
デブ)を指すという考えが多いようです。
しかし、実際にはそうではありません。

メタボリックシンドロームは、
内臓脂肪型肥満に加え、
高血糖、高血圧、高脂血症の中の2つ以上を
合併した状態の事を指します。
つまり、肥満とそれに伴う不健康状態を
メタボリックシンドロームという訳です。

メタボ健診において血圧や血糖値を測るのも、
このメタボリックシンドロームを判断する為なのです。

高血糖や高血圧は、単独でも十分に危険な状態と言えます。
しかし、これらが複数に渡って合併している状態だと、
動脈硬化性疾患の発生頻度が飛躍的に高まります。
最近ではメタボリックシンドロームという言葉が
ただ腹が出ている「デブ」的意味で
バラエティ番組などの影響もあって
安易に使われがちですが、
実際にはかなり恐ろしい病気なのです。

しかも、痛いなどの自覚症状がない為、
あまり深刻に捉える人が多くないという事情もあり、
近年では非常に軽く見られがちになっています。
メタボ健診は、そういった社会的事情に
警鐘を鳴らすという意味でも期待されているのです。

メタボリックシンドロームは、
その予兆があれば、直ぐにでも改善しないと
取り返しの付かない事になります。
それをしっかりと把握し、
メタボ健診に臨むようにしましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。