メタボ健診 メタボリック 予防 メタボ健診

スポンサードリンク

メタボ健診の心構え

メタボ健診の心構え


2008年4月より実施されるメタボ健診に備え、
色々と思うところのある人は多い事でしょう。
少しでも良い結果が出るようにしたい、
できる限り恥はかきたくない、
不安材料を増やしたくないと願うのは当然の事です。

下手をすると、アメリカ並のメタボの人は
それなりの地位につけないとか
このような不安が募りますよね。

でもですね。
このメタボ健診は、あくまで病気の予防、
及び治療の為の制度です。
それはつまり、今の自分自身の健康状態が
どうなっているのかを探る為のものです。
そういう意味では、これまでの健康診断と
何ら変わりはありません。
自分が太っているから、
肥満だからと憂鬱になる必要はないのです。
あくまでも病気を見つける事が目的なのですから。

とはいえ、検査項目の数値が結果として出る以上、
少しでも良い数値が出るようにしたいと思うのが人情です。
中には、無理やりテストを受けさせられるような
気分の人もいるかもしれません。

メタボ健診は、実際テストのような要素もあります。
それは「健康テスト」です。
それに不合格だった場合は、指導を受け、是正されます。
その部分は否定できないところです。

ただ、心構えとして、テストを受けるというような
心構えで挑むのはあまり良くないですね。
自分が今どう言う状態なのか、
どうすれば今後メタボリックシンドロームにならずに
済むのかを知る良い機会だと
思って受けるのが好ましいでしょう。

国の政策について納得がいかない人もいるでしょう。
でも、それは置いておいて、
まずはメタボ健診受けてみる事です。
その中で、自分の利益にも繋げられますし、
活発な意見交換を行えますから。


メタボ健診事前対策

メタボ健診事前対策


2008年、我々国民はメタボ健診を
受けなければならなくなった訳ですが、
それを前にして何かしなければならない事はないかと
少しばかりお悩みになっている人はおられるでしょうか?

この言葉、メタボ健診という言葉には、
どこか肥満である事を後ろめたく
思わせるような響きがあります。
少しでも検査結果を良くしたい、
肥満だと思われたくない、
自分自身思いたくないという人は結構いるでしょうね。

そう思った時がチャンスです。
メタボ検診に備え、色々と事前対策を立ててみましょう。

まずはやはり生活習慣の改善です。
検診までの間、少しでもいいので
これまでの生活習慣を省みて、
明らかに健康に悪い部分を
見直したらいかがでしょうか!

例えば、
夜間や食間に恒例にしていた間食を減らすしたり、
脂っこい食物を減らしたりと。
いきなりゼロにしてしまうのではなく、
少しずつ減らしていけばいいんです。
運動も有効です。会社のエレベーターを使わずに
すべて階段をしようしてみるとか、
家の周りをゆっくり走ってみたり、
早足で歩いてみるとか程度で構いません。
これだけでも、検診にはかなり大きく影響してきます。

メタボ健診があるから、
その検査結果を少しでも良くするために対策を練る、
というのは、少し不埒に思ってしまう人もいるでしょう。
しかし、そう思う必要はまったくありません。
メタボ検診の目的は、むしろそこにあるからです。

メタボリックシンドロームは、
中々自分から予防しようとか
検査しようという気になれない病気です。
というのも、よほど深刻な状態にならない限り、
痛いなどの自覚症状がないからです。
ですから、その警鐘という意味で実施されるのです。

よって、その対策として
食事制限や運動を始めるのは、至って健全なのです。
大きなお世話かもしれないメタボ健診ですが、
何とかクリアーしてしまいましょう。

メタボ健診(義務化の理由)

メタボ健診(義務化の理由)


メタボ健診が2008年4月から義務化されます。
40歳〜74歳の健康保険加入者は、納税や勤労と同じように、
メタボ健診を受ける事が義務となるのです。

この義務化の背景には、様々な思惑があると言われています。
一部胡散臭いものもありますが、
大抵は国民のメタボリックシンドロームに対する
認識の甘さを是正するというものです。

実際、メタボリックシンドロームに対する
現在の日本人の認識は、あまり深刻とはいえません。
これは、バラエティ番組などで良く見かける
デブタレントや大食いなどの影響による者だと思われます。

実際、テレビの中で彼ら、若しくは彼らに向けて発せられる
「メタボ」の言葉はとても軽く聞こえますし、
これを病気としてではなく単なる肥満状態の事を指す
言葉として使われるケースがほとんどです。
よって、今の社会ではメタボという言葉が
誤解されたまま広がっているという
由々しき事態になっているのです。

テレビタレントに原因があるとまでは言えませんが、
現状はあまり芳しくはないと言わざるを得ません。

メタボ健診の義務化は、
そういった風潮を打破する為に実施されたと言えます。
メタボリックシンドロームの深刻性を日本に広げるには、
実際に健診を受けてもらい、
自分の状況が以下に危険か説明を受ける機会を設けなければ、
いつまで経ってもメタボリックシンドロームの
深刻さが伝わらないという判断の元で、
こういった流れができ上がったと言えます。

これは医者にとってもありがたい事と言われています。
安定した健診代が得られるからです。
その事で一部揶揄する声が挙がっていますが、
予防の段階でお金を払うという事は
決してマイナスではありません。
それを踏まえた上で、議論していくべきでしょう。

メタボ健診で、本当にメタボリックを予防できるのか?

メタボ健診で、本当にメタボリックを予防できるのか?


2008年4月からいよいよメタボ健診がスタートしますが、
その前に誰もが思っていることが
一つあるのではないでしょうか。
それは、メタボ健診で本当にメタボリックシンドロームを
予防できるのか、という事です。

いくらメタボ健診と銘打っていても、
実際にメタボリックシンドロームであるかどうかの判断が
しっかりできなければ全く意味がないですし、
それに対する指導も適切でなければ、
予防は難しく、ただ時間を無駄にするだけです。
そんな不安に駆られ、
健診に乗り気でない方も多いことでしょう。

不安はもっともですし、
二の足を踏む気持ちは十分わかります。
ですが、それを押し殺して受けてみる事をオススメします。
言ってみれば、4月から健診を受ける
一人一人がサンプルのようなものです。
その数が増えれば増えるだけ信憑性が増し、
それが実績となって、確かな予防手段へと変わっていくのです。

何かを始める時、そこには決して保障はありません。
間違っている可能性だってあるのです。
しかし、それを指摘していたらキリがないのも事実なのです。

メタボ健診で検査する項目は、
いずれもメタボリックシンドロームを定義する上で重要な指標です。
そして、その基準値も、これまでの実績を踏まえた上で、
何度も検討を重ねた中で定められた値です。
しかし、はっきり言ってそれらが絶対とは言い切れません。
何故なら、まだメタボ健診としての実績自体が皆無だからです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。